ボトックス治療が得意なオススメ美容外科をご紹介します

湘南美容外科

公式ホームページへ

湘南美容外科

短時間でのエラ削りが魅力の大手美容外科

湘南美容外科は、年間60万人以上の患者さんが訪れる大手美容外科クリニックです。大手という看板だけに頼らず、丁寧で信用性と安全性に優れた施術が高い人気を得ています。そんな湘南美容外科で人気の高い治療が、張ったエラを改善する治療。「エラを改善するなんて無理!」そんなふうに諦めている方も多いのではないでしょうか。高い技術を持った湘南美容外科なら、ボトックスやエラ削り治療でエラを簡単に改善することができます。治療自体も非常に短時間なので、身体へのリスクも最小限に抑えられます。また、腕のある医師による劇的な効果も湘南美容外科クリニックならではの技術です。小顔効果も期待できる湘南美容外科のボトックス・エラ削りといったエラ治療で、美しく生まれ変わりましょう。

湘南美容外科のボトックスの特徴!

湘南美容外科のボトックスの特徴!イメージ

湘南美容外科のボトックス・エラ削りといったエラ治療の特徴は、手軽で、傷跡が目立たず、短時間で治療が終わるところです。エラ治療というと、全身麻酔をして長時間に渡る大きな手術を想像される方が多いでしょう。しかし、湘南美容外科では、短時間でダウンタイムもほとんどないエラ治療を受けることができるのです。また、湘南美容外科のエラ治療では、美容効果も期待することができます。シワやたるみが改善されたり、小顔になったりと、エラが改善される以外にも嬉しい効果があります。湘南美容外科で展開されているボトックスやエラ削りという画期的な施術で、長年悩みの種になっていたエラをなくしましょう。

湘南美容外科の口コミ

ユーザーアイコン

福岡県在住 36 歳
昔から、顔デカというアダ名をつけられるくらいエラの張っていた私…。エラの治療って、すごく壮絶な手術をイメージしていて、なかなか踏み出す勇気を持てなかったのが本音です。でも、湘南美容外科でエラを注射で治すことができる治療があると聞いて、さっそく相談に行ってみました。相談に行って驚きの連続。ボトックス注射で簡単にエラを解消することができるんですから…!今ではすっかりエラが解消されて、顔が一回り小さくなりました。新しい人生を歩きだしたような気分です!

ユーザーアイコン

神奈川県在住 29 歳
エラが張っているので、アップスタイルの髪型ができず、いつも髪でフェイスラインを隠し続けてきました…。でも、湘南美容外科でエラ削りの治療を受けて、劇的に私の生活が変化しました!手術は少し勇気が必要だったけど、終わってからのダウンタイムもほとんどなく、今では生まれ変わったように元気に毎日を過ごしています!アフターケアも丁寧にして下さった湘南美容外科の先生や看護師さんには、本当に感謝しています。ありがとうございました。

ユーザーアイコン

兵庫県在住 24 歳
ボトックスよりもエラ削りのほうが半永久的な効果が望めるのと、劇的な変化が望めると聞いて、エラ削りをすることになりました。湘南美容外科の先生達が最初のカウンセリングから親身に相談やアドバイスをしてくれたので、小さな負担で手術に挑むことができました。手術後のダウンタイム中も、しっかりケアしてくれたのは嬉しかったです。今となっては、本当に治療をしてよかったと思っています。エラがなくなるだけで、さも別人のような印象になります。男性の方から声をかけられることも増えました。

ユーザーアイコン

広島県在住 44 歳
30年以上、エラに悩まされて生きてきました。顔も大きく見えるし、極度のコンプレックスを抱いていました。湘南美容外科でボトックス注射をしようと思ったのは、一度の施術で大きな効果が得られるという点と、他の美容効果も期待できるという点、また、ダウンタイムがなく、手術をせずに治療できるという点です。最初は半信半疑でしたが、治療後、「効果は本物だったんだぁ…」と、感動しました。エラで悩んでいる方がいるのであれば、是非、湘南美容外科のエラ治療を受けて欲しいです。きっと、効果に満足するはずです。

湘南美容外科の基本情報

所在地全国36 医院(http://www.s-b-c.net/clinic/clinic_selection.html
受付時間AM10:00 ~ PM23:00
お問い合せ先0120-256-999
公式サイトURLhttp://www.s-b-c.net/

※ 2014年9月5日調べ

ボトックスで失敗しないクリニックの選び方

詳細を見る

  • ボットクスって副作用があるの?
  • ボットクス治療体験談
  • ボットクスよくある質問

ボットクスコラム

ボトックスの歴史とは?

今や小顔治療、たるみ・シワ治療など様々な美容施術に使われているボトックス。エラ削りに勇気がないという方も、今では手術無しのボトックスでエラを改善できるようになりました。そんなすっかりお馴染みのボトックスが世に登場したのは、1960年代のことです。眼科医が、斜視の治療に使用したのが最初です。そして、日本に登場したのは、1996年。ボトックスは、眼瞼痙攣の治療に使用されていました。当時のボトックスは、眼科や神経内科で使用されているものとして定着していたのです。そんなボトックスは次第に研究を重ねられ、今では美容外科の分野でも使用されるようになっています。今後、ボトックスは更に他の医療分野へと活躍の幅を広げていくかもしれません。