ボトックス治療体験談

ボトックス治療を受けてみたい。そう思っていても、なかなか踏み切れない人も多いでしょう。ボトックスの安全性について疑問があるという人、本当に効果があるのかどうか疑問があるという人、費用や施術方法など具体的な部分に疑問があるという人、それぞれ悩んでいることや知りたいことがあるはずです。ここでは、そんな疑問へのもっとも確かな答えになる、実際にボトックス治療を受けたことがある人からの体験談をご紹介します。

体験者の口コミ・体験談

ユーザーアイコン

フェイスラインが一回り小さくなりました
エラの張った顔が昔からのコンプレックスで、一時期はエラ削りの施術を受けることも考えていました。ただ、骨を削りとるエラ削りの施術はやっぱりどうしても怖くて、このまま諦めるかどうするかずっと悩んでいました。ボトックス注射を選んだのは、エラを直接削りとるのではなく、注射するだけでいいからです。注射するだけという手軽さなので、正直なところ効果はあまり期待していなかったのですが、施術を受けて二週間後くらいに鏡を見たら、確かにフェイスラインが一回り小さくなっていました。こんなに簡単に小顔になれるんだったら、もっと早くやっておけばよかった。

ユーザーアイコン

目尻の笑い皺が目立たなくなりました
シワができないようになるべく表情を動かすまいと生活をしていたところ、遊びに来た孫から「おばあちゃん、怖い」と。そんな風にみえているなんて思わず、シワを気にせず笑顔を作ろうとして、咄嗟に笑顔が作れなかったんです。とてもショックでした。ボトックス注射を受けたのは、シワを気にせずに思い切り笑いたかったから。孫の前で顔をくしゃくしゃにして笑い合いたくて、初めて美容外科を利用しました。治療を受けた今では、もう目尻のシワも気にせずに顔いっぱいの笑顔でいられるようになりました。

ユーザーアイコン

ゴツゴツした足がスッキリ美脚に
品川美容外科でボトックスを受けました。中学生の頃から陸上部に入り、大学まで400m一本でそれなりの成果を出してきたせいか、昔から女なのに女の脚じゃないと(笑)。陸上の世界では褒め言葉ですが、プライベートだとやっぱり悩みの種。大学を卒業して以降は脚を活かせる場面もなくなったので、いまさらながら女の子らしい脚に憧れるように。ただ、10年近く鍛え続けてきた筋肉は伊達じゃなく(笑)ゴツゴツしたまま。こりゃいかんと思って受けたボトックスで、自分でもびっくりするくらい女の子らしい脚になれました。ようやく彼氏が探せます(笑)

ユーザーアイコン

思ってた以上に痛みがなくてホッとしました!
口コミサイトでボトックス治療を受けた後は患部が腫れて痛い、注射するときも痛みがあると見たのでびくびくしていたのですが、思っていたほど痛みがなくホッとしました。術前、注射する部位を看護師さんが何かのクリームを塗ってくれているときには何をしているのだろうと疑問でしたが、あれで痛覚を麻痺させていたのですね。術中の痛みはまったくといっていいほどありませんでした。術後はしばらく違和感があり、乱暴に患部を動かそうとすると多少の傷みはありましたが、覚悟していたほどではなかったです。丁寧に施術をしてくれたおかげでしょうか。本当にありがとうございます。

ボトックスおすすめクリニック

品川美容外科

公式ホームページへ

クリニックの詳細

品川美容外科

ボトックスには、不安がつきもの。もとはボツリヌス菌という細菌から抽出した、正真正銘の毒なのだからそれも当然です。そんなボトックスを用いた美容整形を受けるのであれば、担当するドクターは信頼できる人であって欲しいと考えるのもまた当然のことです。そこで当サイトがおすすめするのが、品川美容外科。開業26年以上の実績とノウハウは伊達ではありません。ボトックスの施術を知り尽くしている熟練のドクターが在籍しているからこそ、安心で、信頼できる施術が期待できるのです。

ボトックスで失敗しないクリニックの選び方

詳細を見る

  • ボットクスって副作用があるの?
  • ボットクス治療体験談
  • ボットクスよくある質問

ボットクスコラム

エラ削りとボトックス。それぞれのメリット・デメリット

エラ削りとボトックス。どちらも張り出したエラを解消する美容整形の施術として、確かな効果があるものです。それぞれの施術には、施術方法だけではない様々な違いがあります。まず骨格を削るエラ削りでは、施術に際して全身麻酔を施すためダウンタイムが必要、そのため3日間ほど入院することになります。ボトックスは注射するだけでOKのプチ美容整形なので、ダウンタイムも必要なく即日退院可能。エラ削りの施術は数百万円以上になることもありますが、ボトックスは数万円から数十万円程度と費用の差も顕著です。反面、エラ削りの効果は永続的、ボトックスは半年から1年ほどで失効してしまいます。それぞれ、メリットとデメリットがはっきりしているのです。